特集

2022.05.16

# 看板# 製品# 工事

看板の耐用年数とは?減価償却についても解説!

看板耐用年数

現代において、施工現場において看板は不可欠なものとなりました。しかし、ただ設置するだけではなく、耐用年数について考慮することが求められます。今回の記事では、看板の耐用年数に関する規格やポイントについて、詳細に解説していきます。また、減価償却との違いやメンテナンスの重要性についても併せてご説明します。施工現場で看板を活用することを検討中の方は、ぜひこの記事をご参考にしてみてください。

減価償却とは、時間の経過に伴い劣化する固定資産を一定期間ごとに分割し、計算する仕組みのことです。
看板は一般的に長期にわたる使用を目的に取得される為、看板の取得費用は消耗品ではなく固定資産、つまり法人税や所得税における減価償却資産に分類されます年数が経過すると価値が減少していく資産である為、決算の際は減価償却処理が必要となります。
ただし、使用可能期間が1年未満、または取得価額10万円未満の看板については、取得時に資産に計上することなく全額費用計上することが可能です。

看板の種類によって違う、看板の耐用年数とは?

種類感情科目構造細目耐用年数
野立看板構築物広告用のもの金属or その他20年(金属)
10年(その他)
屋上塔屋看板構築物広告用のもの金属or その他20年(金属)
10年(その他)
広告塔構築物広告用のもの金属or その他20年(金属)
10年(その他)
袖看板付属設備前掲以外主に金属or その他18年(金属)
10年(その他)
突き出し看板付属設備前掲以外主に金属or その他18年(金属)
10年(その他)
立看板(スタンド看板)付属設備看板及び広告器具看板、ネオンサイン3年
ネオンサイン、電飾看板器具備品看板及び広告器具看板、ネオンサイン3年
デジタルサイネージ器具備品看板及び広告器具看板、ネオンサイン3年

耐用年数とは、国が定めた資産価値が滅却するまでの期間のことを指します。看板の寿命や保証期間とは異なるので注意が必要です。看板の耐用年数とは、会計処理において、看板は固定資産として扱われます。看板の種類ごとに勘定科目(資産区分)・耐用年数が異なります。

野立看板
野立看板とはロードサイドや畑、田んぼや雑種地、建物壁面、ビル屋上などに設置する看板を指します。
耐用年数は20年、勘定科目は構築物(金属造)に分類されます。

塔屋看板
塔屋看板とは建物の上に設置された大型の屋上看板です。屋上広告塔や塔屋サインとも呼ばれます。
耐用年数は20年、勘定科目は構築物(金属造)に分類されます。

広告塔
広告のために設ける塔状の屋外建築を指します。地上または建築物の屋上に設置されます。
耐用年数は20年、勘定科目は構築物(金属造)に分類されます。

袖看板・突き出し看板
袖看板・突き出し看板とは、建物の壁面に対して垂直に取り付けるタイプの看板を指します。
耐用年数は18年、勘定科目は建物附属設備(金属造)に分類されます。

立看板(スタンド看板)
スタンド看板とは、スタンドという言葉がついている通り自立して立っている看板を指します。
耐用年数については3年、勘定科目は器具備品に分類されます。

ネオンサイン
ネオンサインとは、細長いガラス管にガスを封入し、電流を流して放電させることで発光するランプの一種ネオン管で文字や絵をかたち取った看板です。
耐用年数については3年、勘定科目は器具備品に分類されます。

電飾スタンド看板
電飾スタンド看板とは、スタンド看板の種類の中で屋外で使える蛍光灯・LEDなどの光源が内蔵されてる内照式のサインスタンドです。
耐用年数は3年で、勘定科目は器具備品に分類されます。

デジタルサイネージ
デジタルサイネージとは、る映像や画像などの情報を電子ディスプレイを用いて表示する看板を指します。
耐用年数は3年で、勘定科目は器具備品に分類されます。

このように看板の種類により耐用年数や勘定科目が変わります。耐用年数や勘定科目を把握した上で会計処理を行うことが重要となります。

参考:
国税庁ホームページ「耐用年数表」

野立看板が10年などといわれてもよくわからない、屋上塔屋看板、突き出し看板、袖看板,デジタルサイネージなど看板の種類を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
看板の種類一覧【名称・用途・効果的な活用シーンまで徹底解説】

野立看板

野立看板とはロードサイドや畑、田んぼや雑種地、建物壁面、ビル屋上などに設置する看板を指します。
耐用年数は20年、勘定科目は構築物(金属造)に分類されます。

広告塔

広告のために設ける塔状の屋外建築を指します。地上または建築物の屋上に設置されます。
耐用年数は20年、勘定科目は構築物(金属造)に分類されます。

袖看板・突き出し看板

袖看板・突き出し看板とは、建物の壁面に対して垂直に取り付けるタイプの看板を指します。
耐用年数は18年、勘定科目は建物附属設備(金属造)に分類されます。

立看板(スタンド看板)

スタンド看板とは、スタンドという言葉がついている通り自立して立っている看板を指します。
耐用年数については3年、勘定科目は器具備品に分類されます。

ネオンサイン

ネオンサインとは、細長いガラス管にガスを封入し、電流を流して放電させることで発光するランプの一種ネオン管で文字や絵をかたち取った看板です。
耐用年数については3年、勘定科目は器具備品に分類されます。

電飾スタンド看板

電飾スタンド看板とは、スタンド看板の種類の中で屋外で使える蛍光灯・LEDなどの光源が内蔵されてる内照式のサインスタンドです。
耐用年数は3年で、勘定科目は器具備品に分類されます。


デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、る映像や画像などの情報を電子ディスプレイを用いて表示する看板を指します。
耐用年数は3年で、勘定科目は器具備品に分類されます。

このように看板の種類により耐用年数や勘定科目が変わります。耐用年数や勘定科目を把握した上で会計処理を行うことが重要となります。

参考:
国税庁ホームページ「耐用年数表」

野立看板が10年などといわれてもよくわからない、屋上塔屋看板、突き出し看板、袖看板,デジタルサイネージなど看板の種類を知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
看板の種類一覧【名称・用途・効果的な活用シーンまで徹底解説】

看板の種類一覧

看板のリニューアルの検討時期

看板の耐用年数とは「税務用語」であり、国が定めた資産価値がなくなるまでの期間のことを指します。これは看板の物理的な寿命や保証期間とは異なります。サイン・看板による集客力を維持するためには、定期的なリニューアルが欠かせません。リニューアルによって従来のデザインを一新することで、これまでよりもさらに高い集客効果を持つサイン・看板にできる可能性もあります。
では、看板のリニューアルを考慮すべき時期はいつなのでしょうか。


構造体(ポールや看板本体)の劣化

屋外広告物は屋外に長期間さらされるため、経年における劣化や破損が発生します。しかし、適切にメンテナンスされず、損傷後もそのまま放置され、安全性が損なわれるケースがあります。支柱や看板本体に著しい腐食がある場合などはリニューアルを検討すると良いでしょう。

意匠(面板・光源)の劣化

経年でのアクリル表示面の褪色や強風による破損、照明器具の不点灯が発生した場合にも、屋外広告物全体の状況を鑑みた上でリニューアルを検討すると良いでしょう。


参考:屋外広告物の安全点検に関する指針(案)国土交通省 都市局

寿命に関わるメンテナンスの重要性

看板の実務上の耐用年数 、即ち寿命に関しては、看板の仕様(使用している材料や防錆仕様等)や外部環境(設置場所)、そしてメンテナンスの頻度や内容により大きく異なります
多くの自治体では、3年毎の屋外看板点検を求めており、看板点検は看板設置者の義務となっています。2015年の札幌で起きた看板落下事故を受け、国土交通省は屋外広告物の更なる安全性確保に向けて2016年4月に『屋外広告物条例ガイドライン(案)』を改訂しました。これにより点検に関する規定がより明確化され、各自治体でも屋外広告物条例及び屋外広告物条例施行規則を改訂する動きが起きています。

安全点検に関する各自治体の屋外広告物条例改正の動き

屋外環境は看板が設置されている場所により変わってきます。海岸から近い地域では塩害の影響や屋外看板の材料として多用されている鉄材の腐食が急速に進行します。豪雪地域では融雪剤に含まれる塩化ナトリウムなどの影響で、沿岸エリアと同じように鉄材の腐食が比較的早く進行します。
奄美や沖縄が含まれる南西諸島に設置されている屋外看板は、海岸からの距離が近いだけでなく、台風に伴う強風に頻繁に晒されています。
上記のような屋外看板の状態や設置されている地理的条件を考慮の上、メンテナンスを検討する必要があります。

看板(屋外広告物)の安全点検義務化経緯と点検内容をみる
【決定版】看板設置トラブルを回避する!失敗しない看板会社の選び方をみる

IoTによる屋外広告物安全管理サービスSignit

朝日エティックができること

朝日エティックでは、北海道から沖縄まで日本全国で看板工事や保守・メンテナンスサービスを提供しています。有資格者が看板点検仕様や点検スケジュールの策定からワンストップ対応させて頂きますので、是非お気軽にお問合せください。

全国に設置されている看板の点検・メンテナンス・継続申請を一括して任せたい ソリューションページを見る
看板(屋外広告物)の安全点検義務化経緯と点検内容をみる
店舗や看板を省エネ化したいをみる
看板の管理を最も合理的に行う方法とは?
看板工事に関わる業務を建設工事用アプリでカバーできない理由とは?をみる
実績 ENEOS Laundry化看板工事|ENEOS株式会社様をみる
実績 水素ステーション看板製作設置工事 | 大林道路株式会社様 をみる

朝日エティックは屋外看板が高所に設置されている場合が多く高所作業車を用いて点検を実施する為、高所作業車でアクセスが出来ない箇所は点検を行うことが出来ないなどの課題解決の為、看板の傾きや振動などから屋外広告物の劣化状態を把握し、屋外広告物の最適な状態を維持する為のソリューションSignitを新たに開発しました。
数年に一度作業員による目視での点検を行い、異常が見つかった場合に対応する従来のメンテナンス(予防保全)にプラスして、センサーで常時沿革監視し、構造劣化や腐食などの異常を事前に検知する予知保全 Signit を組み合わせることで屋外広告物の事故を未然に防ぎます。このSignitの監視により看板寿命の最適化が可能となります。

屋外看板の監視に特化したIoTソリューション「Signit」について詳しく見る
朝日エティックのソリューションを見る
看板工事事業ページ見る
屋外看板の製作「シルク印刷」【広範囲・大量生産向き】をみる
店舗に屋外看板を設置する為に必要な知識とは?抑えておくべきポイントをみる
目立つ看板はどこを工夫している?集客に繋がる店舗看板にするには?をみる
内照・外照看板用の最適な照明 外照式と内照式の違いやメリット・デメリットとは 
看板のプロが教える!ロードサイド店舗にオススメの看板【7選】をみる
切り文字看板の種類と選定目安【素材の特徴と合わせてご紹介】をみる
SDGsで注目!看板LED化でサステナブルな社会の実現へ貢献をみる
看板工事の費用は?見積もりのポイントや業者選びも解説!をみる
看板製作「カッティングシート(マーキングフィルム)貼り」【図・文字向き】をみる
屋外広告物(看板) 情報管理・業務支援システム SignPlatformSystemをみる
→採用 有名商業店舗のサイン(屋外広告看板)設計をみる
→ 採用 有名商業店舗のサイン(屋外広告看板)生産管理をみる
→実績 新築に伴う看板工事| 兵庫ダイハツ販売株式会社様をみる
看板・屋外広告物の安全点検に関する注意点 | SDGs目標実現を目指してをみる
看板製作・工事LPをみる