特集

2021.06.18

# その他

屋外店舗看板を設置したい!気を付けるべきポイントを解説

街中を歩いていれば必ず目につく看板。普段何気なく見ているかもしれませんが、自分で設置するとなれば、どのようなことに気を付けて設置すれば良いのか戸惑うことになってしまうのではないでしょうか。
屋外に店舗の看板を設置する場合、一体どのようなことに留意する必要があるのか、基本的なポイントをこの記事で説明していきたいと思います。

看板の役割

まずは看板が何のために設置されているのか、役割を改めて確認しましょう。
看板の目的は主に2つあります。
1つ目が、目印としての役割です。店舗や施設などの存在位置を運転者や歩行者に示すことが目的です。主に、運転者や歩行者が視認しやすい場所に設置されているシンプルな看板です。
2つ目が、誘導としての役割です。もともと行動(例えば来店や注文)するつもりはなかった人々の意識を変え、行動を促すのが目的です。こちらも、運転者や歩行者が視認しやすい場所に設置されていますが、比較的情報量の多い看板になります。
店舗を営業する上で、まず重要なのはお客様に店舗まで訪れていただくことです。
そのために最初に解決すべき課題は、「店舗を見つけてもらうこと」になります。
せっかく店舗の近くまでお客様が来ていても、目印としての看板がなければ見つけてもらえないまま素通りされてしまうかもしれません。
インターネットで調べれば、店舗の場所を正確に把握することも可能ですが、その方法で店舗へ導くことができるのは、来店の意思を予め持っている人だけです。
看板はそのような方々に対しての目印としてはもちろん、店舗の存在を知らなかった方々に対して来店を誘導するきっかけとして大事な役割を果たします。

種類ごとに違う看板の効果

一口に看板といっても、注意して見ると色々な種類があることがわかりますので、それぞれの効果を簡単にご説明します。
看板の種類については、より詳細に紹介した記事を掲載予定です。

■建植看板
地中に基礎を埋め込んで建てる看板です。高いものは10m~15mほどあります。
広い敷地があり、道路と建物が離れていて見えにくい場合なども運転者に対して店舗の存在をアピールすることができます。
■壁面看板
建築物の壁面と平行に設置される看板です。店舗の入口などを彩り、歩行者に対して店舗の存在をアピールすることができます。
■袖看板(突出看板)
建築物の壁面に対して垂直に設置される看板です。前面道路などに対し垂直に掲示されるので、ビルなどが多い場所でも歩行者に見つけてもらいやすくなります。
■屋上看板
建築物の屋上に設置される看板です。広告面が非常に大きく最大で4面での掲出ができます。主に運転者向けの看板で、遠方からの視認性が高いという特徴があります。
■置型看板
地面などに固定せず、移動が可能な小型看板を指します。
歩行者の目線に近い看板なので、メニューなど細かい内容を読んでいただくのに適しています。

看板にかかる規制を調べておく

看板の役割や種類を説明しましたが、考慮すべきポイントはそれだけではありません。屋外に掲出する看板は「屋外広告物」と呼ばれ、さまざまな法令が関わってきます。
これらは良好な景観の維持・形成や公共の安全のために必要な規則を定めたもので、うっかり違反物件を取り付けてしまっては、後から改修や撤去を命じられる可能性もありますので事前にしっかりと規制を把握しておきましょう。ここでは、法令が関わるケースとその概要の一部をご紹介します。
法令についても、詳細に解説した記事の追加を予定しております。追加後はぜひそちらも御覧ください。

屋外広告物条例

国土交通省が制定した屋外広告物法に基づき、都道府県や市町村などの各自治体は屋外広告物条例を定めています。
この条例では、広告物の掲出が許可・禁止されている区域や、種類に応じて掲出できる大きさ、使用できる色の種類や彩度など、看板に対して様々な規制が設けられていますので、屋外に看板を掲出する際は、掲出する地域ごとに定められた屋外広告物条例を必ず確認しましょう。
原則として、看板の設置には屋外広告物設置許可が必要になりますが、設置する場所や屋外広告物の規模によっては許可申請の必要有無も変わってきます。

建築基準法

地上に直接建てる場合でも建築物に設置する場合でも、高さが4mを超える看板は工作物に該当し、設計段階で工作物確認を受けなければなりません。工事に着手するためには、必ず工作物確認済証が必要になります。
なお、工事完了後には速やかに完了検査を受け、検査済証を取得する必要があります。

道路法

建築物と道路までの距離が近い場合など、看板を設置する際にやむを得ず看板の一部が道路上空に突き出すことがあります。その場合は必ず道路管理者から占用の許可を得なくてはなりません。許可の基準として、路面から看板下端まで確保しなければならない高さや、突き出しができる幅などが定められています。
尚、本体が道路に突き出していて歩行者や車両の通行の妨げになるような看板は設置を認められていませんので注意が必要です。他にも占用を認められないケースがありますので、もし道路への突き出しの懸念が出てきたら、まずは道路管理者に占用が認められているかどうかの確認が必要です。

関連する法令について代表的なものを並べていますが、他にも良好な景観の形成のために景観条例が制定されている自治体もあります。各法令に適合した物件を取り付けるためには、看板設置予定の地域にどのような規制が設けられているか、事前の調査が重要になってきます。直前になってから「やっぱり設置ができなかった」ということのないようにしっかりと準備しておきたいですね。

設置した後はきちんと管理する

通行人や通行車両が多いところに設置することになると思いますので、設置後の安全管理は欠かすことができません。店舗に訪れていただくための看板なのに、もし劣化した看板を放置してしまうと、落下などの事故が起きて歩行者等に危害を及ぼしてしまいます。

管理義務

公衆への危害を防止するため、屋外に取り付ける広告物には設置の際に管理義務が発生します。屋外広告物設置許可を受けた後は、行政の定めにより概ね3年以内に許可の更新を行っていくことになります。(地域によっては1、2年ごとの場合もありますので各自治体の条例を確認しておきましょう。)

屋内の看板と屋外の看板で決定的に違う点は、風雨や日光等過酷な外部環境にさらされることです。
外部からは何も変わっていないように見えても、内部では浸水や塩害などで腐食が進んでいることもあります。そのような状態で強風が吹けば、腐食している部材が破損し落下してしまうかもしれません。許可更新の際には、必要な資格をもった技術者が詳細点検を実施し、安全の状態を確認、報告する必要があります。

まとめ

以上のように、看板というものは公衆の目に留まる場所に設置する物だからこそ、設置する前から設置した後まで気を付けなくてはならないポイントがたくさんあります。効果的で安全な看板を店舗や施設に掲出し続けられるよう、看板に関して最初から最後までサポートをしてくれる会社への依頼をお勧めいたします。
当社では事前調査を含めた提案から設置後のメンテナンスまで一貫してお引き受けしておりますので、店舗や施設に看板設置をお考えの方は是非ご相談ください。

朝日エティックの「看板工事」のページを見る

※参考URL
国土交通省|屋外広告物制度の概要
https://www.mlit.go.jp/toshi/townscape/toshi_townscape_tk_000023.html
屋外広告物の安全管理義務|東京都都市整備局
https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/kenchiku/koukoku/kou_anzen.htm