特集

2021.06.09

# 製品# 工事

店舗の内装工事 | 内装工事の種類・建築工事との違いを解説

「内装工事」とは、建物内の設備・装飾の施工を行うことを指します。具体的には、軽鉄工事、クロス工事、塗装工事、木製建具工事などが該当します。店舗の場合は、設備工事までを含んだ内容を内装工事ということもあります。
建築工事と内装工事との違いは、ゼロ(何もないところ)から建てるか、建てないかという点です。内装工事の場合は、主にビルや商業施設などの建物の内部を工事します。

内装工事と一口に言っても、建築物の種類や用途によって様々です。ここではまず基本的な工事の種類である7つの工事について解説していきます。

軽鉄工事(鋼製下地組立)

軽鉄工事とは、オフィス・店舗・商業施設などで、空間を区切るための天井や床の下地材を設置する工事で、薄い鉄製の材料を使用します。木材とは異なり、水や湿気に強く、燃えてしまう心配もないため、現在の内装工事の現場では多く使用されています。施工箇所は、主に天井や壁の骨組みが挙げられます。
軽鉄は、木材と比較して防火基準を満たせる・工事期間を短縮できる・工事単価が安い、などメリットが多く、現在の建築物では主流になっています。

ボード工事(ボード張り)

ボード工事とは、天井やクロスの下地工事です。具体的には、石こうボードを壁や天井に貼っていく作業になります。石こうボードを主とする下地の板は、主に、断熱・防音・耐火などの役割を担っており、その機能や種類は多岐に渡ります。そのため、建物の特性や用途により、適切な素材を選び施工することになります。

クロス工事(壁紙工事)

クロス(壁紙)工事は、内装工事の中でもあまりコストをかけることなく内装の雰囲気をガラッと変えることができる工事です。明るい内装をシックにしたり、落ち着いた内装を明るくしたり、クロス(壁紙)を変えるだけで内装のイメージに変化をもたらすことができます。
クロス(壁紙)の寿命は一般的に10年前後ですが、さほど壁紙が劣化していない場合でも、10年程度で壁紙を張り替えることによって、常に内装をきれいな状態に保つことができます。

塗装工事

塗装工事とは、建築物の下地素材に塗装を行う工事です。塗料は、顔料、油類、合成樹脂、添加剤、溶剤などで構成されています。
見た目をきれいに整え、下錆び、腐り、ホコリの付着などを防ぐ効果もあり、機能面でも塗装は重要です。しかし、塗装工事は工事現場で行われるとは限らず、工場での製作時に塗装が行われる場合もあります。

左官工事

左官工事とは、壁などの工作物に、壁土・モルタル・漆くい・プラスター・繊維などを、「こて塗り」や「吹付け」などの方法で貼り付ける工事です。一般的には、最終的な表面仕上げの塗り工事全般のことを指します。
このうち、「モルタル防水工事」は防水工事許可または左官工事許可でも施工が可能です。左官工事の代表的な工事例として、日本壁塗り、モルタル塗り、ブラスター塗り、サッシまわりのモルタル詰め、打ちっ放しコンクリート補修などが挙げられます。

床仕上げ工事

床仕上げ工事とは、住宅・ビル・公共施設・商業施設などの建築物の天井仕上げや壁張り、ふすま工事、畳工事などと同様に、建築工事の仕上がりを左右する重要な工程になります。必要に応じて、高さの調整や空気の通り道の確保などの適切な下工事を行い、機能性と見た目の美しさを両立させるよう素材の異なる床材を使用して床を仕上げていきます。

木製建具工事

木製建具工事は、木製の建具を取り付ける工事です。建具は、建築物の開口部に設けられる開閉機能を持つ仕切りのことで、主に壁の開口部に取り付けられ、扉や窓として用いられることが多いです。具体的には、ふすま、室内ドア、障子などがあります。
一般的な店舗の新築工事では、木製建具工事は内装工事の後、仕上げの工程で行われるものになります。最近では、デザイン性の高い建具が増え、店内のイメージを決める重要な要素でもあるため、建具にこだわる方が多くなっています。

まとめ

内装工事には多くの種類がありますが、店舗の場合にはさらに設備工事も含まれてきます。目的や規模によって、工事業者の得意不得意もありますので業者選びは実績などを確認することをおすすめします。
当社では、商業施設のテナント工事や既存店舗のリフレッシュ工事を行っています。経年劣化に伴うメンテナンス・リフォーム工事、製造機器の入れ替えによるレイアウト変更、受動喫煙防止対策として喫煙室・ブース設置工事、貸し倉庫・貸事務所の退出に伴う原状回復工事、整備工場の塗り床工事など、メンテナンス面でもぜひお気軽にご相談ください。

朝日エティックの「内外装工事」のページを見る

店舗デザイン・内装会社の選び方 | (1)内装会社の種類 を見る
店舗デザイン・内装会社の選び方 | (2)工事会社選定で見るべきポイントを見る
店舗開発者必見 | 内装工事の見積もり金額を下げるコツを見る