特集

2024.06.27

# 塗装工事# 工事

工場や倉庫の外壁塗装工事の平米数別の費用相場|ケース別の相場や安くするコツを解説

工場や倉庫の外壁塗装工事における費用は、施工面積や塗装箇所の状態によって大きく変動します。外壁塗装は建物を長持ちさせる重要な作業であり、適切な施工を行うことが必要不可欠です。本記事では、外壁塗装工事の平米数別の費用相場とケース別の相場に加えて、費用を抑えるためのコツや注意点について解説します。外壁塗装工事における見積もりのポイントや塗装の効果、定期的なメンテナンスの重要性についても言及しながら、工事にかかる費用を検討していきます。外壁塗装工事に関心をお持ちの方々に、参考になる情報を提供します。

塗装工事の実績一覧をみる
実績 外壁塗装工事 大和物流株式会社/大阪支店様をみる
実績 整備工場 塗装工事|西日本三菱自動車販売株式会社様をみる
塗装工事事業ページをみる

工事やメンテナンスの内容
・工場や倉庫の規模
・工場や倉庫の状態
など、条件によって異なるので一概には言えませんが費用の目安や相場を把握しておいて、適切な価格で対応を依頼することは非常に重要です。
外壁塗装工事では、坪単価によって費用が異なります。一般的な費用相場を以下に示します。
 

平米数ウレタン塗料シリコン塗料フッ素塗料
1,000㎡600万円~650万円~塗料や現地調査により金額が変わりますのでお問い合わせください
5,000㎡2,700万円~3,000万円~塗料や現地調査により金額が変わりますのでお問い合わせください
10,000㎡5,400万円~5,900万円~塗料や現地調査により金額が変わりますのでお問い合わせください

工場・倉庫の修繕工事をご検討中の方へのお役立ち情報

工場や倉庫を自社で補修をしている場合、専門家ではないために
間違った補修をしてしまい、後に修繕するための費用が増えてしまった
ということもよくあります。倉庫・工場担当者必見のお役立ち資料
ダウンロードはこちらから

倉庫・工場担当者必見!見積もりを下げるコツがわかる!
資料ダウンロード

外壁塗装にかかる費用の内訳

外壁塗装には、以下の費目が含まれています。

費目①|塗料・材料費

塗装 耐用年数③

塗料・ビニール養生・飛散防止ネット・下地調整材、ローラー刷毛等道具類、シーリング充填材など、塗装をするために使用するもの全ての費用です。
・使用する塗料の種類や量によって費用が変動します
・高機能な塗料や、高耐久性の塗料ほど高価になります
・養生材やシーリング材などの材料費

費目②|工事代・人件費

職人さん等塗装工事に関わる人の工事・人件費用です。
・職人さんの給料や、社会保険料などの費用が含まれます
・経験や技術力のある職人さんほど、人件費が高くなります
・高所作業や、細かい作業が必要な場合は、人件費が高くなります

費目③|足場代

塗装工事は仮設足場といって、作業を行うため安定した足場を家の周りに建てます。また高圧洗浄や下地処理、塗装作業の際に汚れの飛散や塗料の飛散を防ぎ、安全に施工するために必ず必要になります。安定した足場があるからこそキレイに、安全に塗装作業ができるので、足場の費用は必要なものとなっています。
足場を組むために必要な費用は建物の高さや形状によって、変動します。近隣への配慮が必要な場合は、足場代が高くなります

費目④|諸経費

交通費、その他塗装工事をするための許可取得費用など、塗装工事には様々な雑費がかかります。これらの様々な費用について、その詳細を確認していきましょう

外壁塗装でケース別にかかる費用を解説

外壁塗装平米数①

ケース①|店舗
ケース②|工場

ケース①|店舗

店舗の外壁塗装費用は、1,000平米単価で考えると相場約600万円程度と推察されます。
・店舗の広さ: 店舗の広さが広くなるほど、使用する塗料や人件費が多くなり、費用が高くなります。
・立地: 繁華街にある店舗は、近隣への配慮が必要なため、足場代や養生代が高くなります。
・外壁の状態: 外壁が劣化している場合は、下地処理に費用がかかります。
・塗装の種類: 高機能な塗料や、高耐久性の塗料を使用するほど、費用が高くなります。

ケース②|工場

工場の外壁塗装費用は、5,000平米規模の工場の場合で2,700万円程度です。店舗よりも広いため、費用が高くなります。
特に、以下のような工場は費用が高くなることがあります。
・大型の工場: 大型の工場は、使用する塗料や人件費が大量になるため、費用が高くなります。
・特殊な塗料が必要な工場: 化学工場や食品工場など、特殊な塗料が必要な工場は、費用が高くなります。
・高層の工場: 高層の工場は、足場代や高所作業のリスクが高いため、費用が高くなります。
・建物の広さ: 広さ広くなるほど、使用する塗料や人件費が多くなり、費用が高くなります。
・立地: 繁華街にあるオフィスは、近隣への配慮が必要なため、足場代や養生代が高くなります。
・外壁の状態: 外壁が劣化している場合は、下地処理に費用がかかります。
・塗装の種類: 高機能な塗料や、高耐久性の塗料を使用するほど、費用が高くなります。
・内装の状況: オフィス内装が豪華な場合、養生や搬入・搬出作業に費用がかかります。

実際の費用については 
・塗装面積
・塗料のグレード
・外壁の劣化状況等
など様々な要素によって決まるため、詳細な金額を把握したい場合は専門業者による見積もり・診断が必要です。

外壁塗装を実施するタイミング

外壁塗装を行う際の適切なタイミングは、一般的に10年から15年ごとが推奨されています。ただし、建物の状態や気候によっても異なるため、定期的な点検が重要です。
倉庫や工場の屋根や外壁の塗装は、その建物の外観や機能性を維持するために非常に重要です。

耐用年数に近づいたとき

工場・倉庫における外壁や屋根の塗り替え時期は、どの塗料を使用したかにより変わります。防水性の高さと安さで定評のあるウレタン塗料を使った場合、8年後には塗り直しが必要となります。フッ素塗料を使った場合は一般的に10年以上塗り替えせずに済むと言われています。

どの塗料を使う場合も塗料の耐用年数が近づいたら塗り替えのタイミングとなります。
定期的な塗り替えが必要となってくる外壁塗装や屋根塗装をする際には、直近でかかる費用だけでなく、長期的に見た補修費用などを考慮した方が会社にとっての負担も軽減できると言えるでしょう。

防水や遮熱をしたいとき

塗料には防水や遮熱、断熱機能を有するものも存在します。
これらの機能を工場や倉庫に付加したいと考えている時にも、塗り替えの適切なタイミングとなります。
新たな機能を追加することで、建物の機能性や耐久性を向上させることが可能です。

外壁が劣化してきたとき

塗料には一定の耐用年数がありますが、天候条件や紫外線の影響で外壁が早期に劣化することもあります。
特に、塗装が剥がれてきたり、浮いてきたり、ひび割れたり、白っぽい粉が出てきたりした場合は、外壁が劣化している兆候です。
これらの状況を確認した際は、早めの塗り替えが必要となるでしょう。劣化が進行すると、建物の構造に影響を及ぼす可能性もあるため、早めの対応が推奨されます。

外壁塗装工事を安く済ませる方法

外壁塗装工事を安く済ませるためには、以下の方法が有効です。

方法②|業者の繁忙期を避ける

業者の繁忙期を避けることで、割引価格やサービスを受けることができます。

方法③|塗料の種類を検討する

長持ちする塗料を選ぶことで、将来的なメンテナンス費用を節約することが可能です。

まとめ
外壁塗装工事の費用相場や費目の内訳、さらにはケース別の費用について解説しました。外壁塗装を検討している方は、是非参考にしてください。ご自宅や建物の美観と耐久性を保つために、適切な外壁塗装を行いましょう。