特集

2023.11.28

# 塗装工事# 工事

工場・倉庫の屋根塗装【美観・遮熱・防水塗装のメリット】

工場・倉庫の屋根塗装

屋根は建物の中でも、雨風や紫外線など天候の影響を受けやすい部分と言えます。定期的な点検を行うことが何よりですが、工場や倉庫の屋根となると規模が大きいため、状態を頻繁にチェックするわけにもいかず、気が付いたら劣化が始まっていたなんてこともあるのではないでしょうか。発見が遅れれば遅れるほどダメージの程度が変わってきますので、まずはその劣化状態や破損状況に合わせた主な修繕方法をご紹介いたします。

比較項目塗装工事カバー工法葺き替え工事
費用×
工期×
デザイン性
防水性
防錆性
耐久性
補強性×
吹き飛び防止×
工事中の稼働×
施設内温度低減

屋根塗装 【劣化状態:軽】

屋根塗装工事

「屋根材がそこまで傷んでいない場合に有効」
この3つの中では比較的手軽にできる工法で、色褪せや錆、チョーキングなど屋根材の劣化状況に合わせ塗装にて補修をします。また屋根材と室内の温度上昇を抑え空調の負荷を軽減できる遮熱塗料など優れた効果を持つ種類もあり、「美観面(劣化による汚れや錆などの修繕対策)」だけでなく、「機能面(遮熱塗料や防水塗料などによる保全対策)」でも効果を発揮します。

カバー工法 【劣化状態:中】

屋根カバー工法

「下地の老化は無く、屋根材が傷んでいる場合に有効」
現状の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる(カバーする)工法で、既存屋根材の解体などが無いため葺き替えよりもコストを安くできる、休業なしなどのメリットがあります。ただし新たに屋根材を被せる分「屋根が重くなる為、構造上施工できない」などの注意点もあります。カバー工法が可能かを専門家にしっかりと、判断してもらう事が重要です。

葺き替え工事 【劣化状態:重】

屋根葺き替え工事

「屋根材と下地材の劣化が進んでいる場合に有効」
古い屋根材を撤去し、下地材を補修し新しい屋根材に張り替える工法です。同じ種類の屋根材に交換することもありますし、違う屋根材に変更することもあります。また屋根材の傷み具合によっては、傷んでいる部分だけを交換するのか、全体を交換するのかによって費用も期間も大きく変わってきますので、表面だけではなく構造全体を確認する必要があります。

屋根塗装のメリットと必要性

工場・倉庫の屋根の修繕方法を3つご紹介いたしましたが、その中でも「塗装」による修繕には多くのメリットがあります。例えば、「他2つのメンテナンスに比べるとコストが安いこと」や、「比較的に手軽に実施できること」、「塗料の機能を活用できること」など、屋根の劣化が進んでしまう前に、塗装によるメンテナンスをご検討ください。

「美観対策」で、企業の印象アップ!

屋根の美観塗装

お客様目線で考えた時、汚れや傷みが目立つ建物とキレイに管理された建物とでは、どちらが好印象でしょうか。また従業員目線で考えた時、不衛生な建物と清潔な建物とでは、どちらがモチベーションがあがるでしょうか。塗装による美観対策には、建物の保護はもちろん、社内外問わず企業イメージを向上させるという意味でも大きなメリットがあります。また美観を気にする=定期的なメンテナンス実施にも繋がりますので、まずは最後に点検してからどれくらい経過したかなどの現状確認をお願いいたします。

「遮熱対策」で、職場環境の快適・省エネ化!

屋根の遮熱塗装

「施設内の温度が高い」「屋内だが熱中症が心配」など、夏場ならではの悩みをお持ちではありませんか?そんな時は遮熱効果をもつ塗料がおすすめです。遮熱塗装をすることで、太陽の光や熱を反射、熱がこもるのを防ぎ、屋内の温度上昇を抑制してくれます。工場・倉庫など広い屋内で冷房をフル稼働させていると電気代がかさんでしまいますが、塗料の効果をうまく活用することで省エネ化に繋がり、さらには職場環境の快適化、従業員の健康管理にも繋がります。

「防水対策」で、資産価値の維持!

屋根の防水塗装

新築時に防水処理を施しているはずですが、勾配のない屋根形状(陸屋根など)では水はけが悪い状態、経年劣化などにて、防水効果が薄れてきます。工場・倉庫内には、高額な機械、大切な製品や資材などがたくさん存在するため、雨漏りや建物の不具合などが発生してしまうと、甚大な被害に繋がってしまうので、防水不良にて問題が、起きてしまう前に計画的な点検・メンテナンスが必要です。

屋根塗装の修繕を検討する際のポイント

塗装工事の依頼のタイミングは?

塗装メンテナンスのタイミング例

1)塗料の耐用年数が超えているとき
2)汚れや傷み、錆が目立つとき
3)遮熱や防水性能を取り入れたいとき

劣化症状が見られる場合は、耐用年数関係なく塗装メンテナンスをご検討ください。建物に問題が起きてから対処すると、より大掛かりな修繕工事が必要になる可能性がありますので、早めの検討をお願いいたします。

近年、工場・倉庫の屋根として多く利用されている折板屋根(せっぱんやね)を例にあげますと、雨漏りが起きる要因として多いのがボルトの錆があげられます。金属の板を折り曲げ加工した屋根材のため、屋根自体が水を吸い込むことはありませんが、錆びたボルトの周辺から腐食が始まり、最終的には穴があき、雨漏りが発生する原因になります。「白錆を見かけたら、表面のコーティングが劣化している段階」、「赤錆を見かけたら、腐食に繋がる段階」を一つの目安として、早めの塗装補修を検討して頂ければと思います。
▼関連特集
工場・倉庫の外壁塗装【適した季節は?塗替えのタイミングは?】

塗料ごとのスペックと耐用年数の違いは?

塗料のスペックと単価

1)ウレタン塗料
 ツヤがあるタイプで高級感ある仕上がり
 耐用年数:約5~7年ほど
2)シリコン塗料
 ウレタン以上の光沢、撥水性と防汚性が高い
 耐用年数:約7~12年ほど
3)フッ素塗料
 耐摩耗性と耐熱性に優れ、耐用年数が長い
 耐用年数:約10~15年ほど

各種塗料には、耐久性・防汚性・耐候性・防水性などの効果を備えているものもありますが、特殊な塗料も存在します。例えば遮熱塗料については、室温が最大で2~3度下がると言われており、省エネ効果で人気があります。耐用年数は約6〜16年ほどとなります。優れた効果や耐用年数が長いものが望ましいですが、オーバースペックによる高コストにならないよう注意が必要です。
▼関連特集
塗装工事で重要な選定基準とは?確かな実績で信頼の会社選びを

劣化が進む前に、塗装による定期メンテナンスを

工場・倉庫の大規模修繕工事はすべてお任せください

屋根は建物にとって大きな傘のような存在で、もし不具合が起きるとその施設自体、さらには施設内部にまで悪影響を及ぼしかねません。大切な製品や高額な機材などをしっかりと守るためにも、また遮熱塗装や防水塗装などで職場環境をさらに快適にするためにも、工場・倉庫の屋根の定期的なメンテナンス実施をお願いいたします。
当社は「塗装事業」以外にも、「建築土木工事」や「内外装工事」、「電気計装工事」や「看板工事」なども手掛けておりますので、工場・倉庫の修繕工事についてのご相談などありましたら、あわせてお気軽にお問合せください。