収益向上のため看板工事情報の蓄積と適切な活用を実現したい(看板工事会社様)

看板工事履歴の情報管理と蓄積した情報の活用はできていますか?

屋外広告物継続申請や定期的な点検工事の提案をしたいと思ってはいるが、説得力のある提案ができない。工事に関わる情報や資料の関係会社とのやりとりが煩雑になっている。ITを活用して改善したいと考えてはいるが・・・。

  • 課題
    リピートオーダーの獲得による収益向上

    既設の看板は、一定期間毎に設置許可継続申請が必要です。行政より書面による継続申請に関する通知が発送されないケースもあり、能動的な申請手続きが必要です。
    もちろん、許可のない物件に関しては、定期的な点検が必須です。
    物件の状況に応じて、継続申請、点検や交換といったリピートオーダーを獲得できていますか?

    解決策
    物件の許可状況や許可期限などに応じた計画的なアプローチが可能

    許可状況や許可期限で物件を抽出することができます。例えば、月初に3ヶ月以内に許可期限を迎える物件を抽出し、対象となる設置者へ継続申請が必要である旨連絡することにより、継続申請とそれに伴う点検工事を確実に獲得するとともに、地域の安全に貢献する事ができます。また、過去の点検時期や点検結果で物件を抽出することもできますので、許可のない物件に関しても、設置者に対する能動的なアプローチを行うことができます。

  • 課題
    施主(依頼主)や協力会社との工事情報共有

    施主(依頼主)への適切な情報提供、工事協力会社との効果的な情報共有はできていますか?

    解決策
    柔軟な権限設定・参照制限設定で、必要な情報を必要な人と共有が可能

    クラウドベースのシステムですので、ブラウザが利用できれば端末は問いません。また、利用者毎に使用できる機能や参照できる項目を細かく設定することができますので、依頼主への情報共有による利便性の提供や、協力会社からのリアルタイムな報告書の共有など、複数社に跨る業務を一元的にサポートし、効率化することができます。

  • 課題
    工事毎に発生する資料作成業務

    工事毎に発生する工事手配作業や検収作業に伴い、多くの書類を作成する必要があります。このような書類作成業務の効率化は一見地味ですが、繰り返し発生する業務の為、大きな効果が得られます。

    解決策
    工事指示書や検収書類、写真台帳の自動出力

    自社の独自フォームをアプリケーションに登録し、それぞれの工事情報が入力された状態でフォーム出力を行う事ができます。また、工事写真に関しては、出力対象写真を選択の上、写真台帳として出力を行うことができます。 協力会社に対する工事指示書、施主(依頼主)に対する工事完了報告書を自動で作成することで、削減時間 x 現場数の効果を得ることができますので、使えば使うほど大きな効果を得ることができます。

看板工事に特化したクラウドシステムの導入をご検討ください

看板工事会社の専門性を活かし、屋外広告物の情報管理に特化したクラウドシステムを提供しています。 屋外広告物の店舗情報・看板情報・工事情報(各種書類や写真情報含む)を一元的に管理することが可能となり、また蓄積情報をリピートオーダー獲得のために、活用することが可能となります。 詳しくは、以下 関連事業の「SignPlatformSystem」ページを参照してください。

ホワイトペーパー

関連事業