お知らせ&ブログ

blog

2021.09.01

大阪工場 作業場紹介(溶接部門)

今回は当社サインの鉄骨部分を製作する溶接部門をご紹介します。
溶接部門は総勢11名でサインの鉄骨を製作します。製作するサインの内容、形状は様々であり、作業場の風景は日々変化していきます。全ての作業に共通して、2次元図面から製作過程の問題点を予測し対応する能力、溶接作業で強度はもちろん、溶接の熱影響が原因となる鋼材の歪を予測し、これを最小限に抑える技量が溶接部門では必要となります。
各自が技量向上に努め、役割と責任を持って日々、作業に励んでいます。

【サイン鉄骨の製作現場】
⇒四角型や丸型等、形状は様々です。

【サインの支柱製作現場】
⇒溶接で2本の角パイプを繋ぎ、1台のサインフレームになります。

班長と担当作業員の溶接組立前の打合せの様子。