特集

2021.01.07

# 活動# その他

ご存じでしたか?看板の設置工事を行うには登録や資格が必要です!

近年、未登録会社・未資格者による看板設置が問題に!

看板の設置工事を行うには屋外広告業の登録が必要だということをご存じでしょうか? 近年、登録のない会社による条例に沿わない看板の設置や、看板の落下・倒壊などが問題となっております。

万が一、看板の落下事故などで人をけがさせてしまった場合は設置者責任を問われることになりますので、看板設置を依頼する際は、必ず登録済みの信頼できる会社かどうかを確認が必要です。
看板(屋外広告物)は、美観上・安全上のさまざまな問題を予防するために管理をする必要があり、行政の定める期間毎に屋外広告物設置許可継続申請により設置許可を得る必要があります。継続申請の際、看板の所有者は、有資格者による点検実施と報告書を提出する義務があります。
日本全国における屋外広告物業の登録はもちろん、当社には、屋外広告物に関する公的資格「屋外広告士(建設大臣認定)」の有資格者が多数在籍しています。この資格は、屋外広告物の製作・施工に関する、総合的・専門的な知識と技術があることを認定するものです。

屋外広告士 有資格者による講義

当社では、屋外広告物士の育成の為、毎年受験者に対する教育等を実施しております。
2020年度は、教育に留まらず、受験者をあらゆる側面から支援するオリジナルカリキュラムを作成しました。
7月から講習を開始、それぞれ1か月ごとに、関係法規、広告デザイン、設計施工、実技と試験の直前までの4か月間、合格の為にスケジュールを組みました。
わからないところはすぐに質問できる体制にすることで、受験生も一人で抱え込むことなく勉強を進められたようです。その結果、例年より当社の合格率はアップし、受験者37名中21人の合格者を出すことができました。今後も全社員資格取得を目指しバックアップしていきます。
このように、当社では、製作から申請、設置工事まで有資格者による一括した対応が可能ですので、ぜひご相談ください!

朝日エティックの「看板工事」のページを見る